Top > 温泉地で住み込みのアルバイトをする場合気を付けること

温泉地で住み込みのアルバイトをする場合気を付けること

温泉地で住み込みのアルバイトをする場合、仕事が終わった後に温泉を使うことができますが、置いてあるシャンプーやボディソープはお客様用ですから、自分が使用するシャンプーやタオルなども持参しなければなりません。忘れた場合は、ホテルの売店や近くの販売店などで購入して使うように気をつけなければなりません。

温泉地で住み込みのアルバイトをする場合、ホテルや旅館の規模によって変わってきますが、他のスタッフが大勢いて、共同生活をしながらの勤務になります。温泉地のアルバイトは、他のスタッフとの共同の仕事ですから、仕事がスムーズに運ぶためにも勤務時間以外でも自分勝手な行動は避け、従業員の輪を乱さないように気をつけなければなりません。温泉地でアルバイトをする前に、就業規則をよく理解してから仕事を始めるようにします。

温泉地のアルバイトを住み込みでする場合、寮が完備されているのですが、寮の設備については勤務地によっていろいろ違ってきます。温泉地のアルバイトで規模の大きなホテルや旅館の場合は寮の各部屋にテレビやエアコンが完備されている個室が用意されていることが多いのですが、中には共同スペースにテレビがあったり、部屋も合部屋であることもありますから、マナーを守り生活をしなければなりません。

 

 大学受験の方法  学資保険  学資保険の特徴
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
温泉地でアルバイトをする(2009年9月16日)
温泉地で住み込みのアルバイト(2009年9月16日)
温泉地で住み込みのアルバイトをする場合(2009年9月16日)
温泉地で住み込みのアルバイトをする場合気を付けること(2009年9月16日)